スマートフォンムービーテックです!

スマートフォンムービーテックです!

あなたは、動画を学んで、何に使いたいと思っていますか?1)副業ですか?
2)それとも、集客ですか?
3)或いは、何かのモノやサービスのアピールですか?
4)その他で、趣味や記録の為ですか?

現在、インターネットのトラヒックにおいて、動画は7割を超えていますが、これから、その割合は、まだまだ、大きくなっていきます。

一昔前までは、動画は、TV局から配信されるだけでしたが、今では、SNSの普及もあって、一般の方も自由に情報発信ができるようになってきました。

特に、YouTube の普及により、誰でもが動画を自由に情報発信することが可能になっています。

ところで、インターネットのサイトの中で、YouTubeのアクセス数は、何位だか知っていますか?

少し、考えてみましょうか・・・・

ちなみに、世界で最もアクセスの多い、第1位は ?

Google です。

第2位は ?

Facebook です。

それでは、YouTube は第何位でしょうか?

正解は、世界第3位です。

簡単でしたね。

ちなみに、世界のサイトのアクセスランキングのtop10は、

  • Google
  • Facebook
  • YouTube
  • com
  • Yahoo!
  • Wikipedia
  • Twitter
  • Instagram
  • Amazon
  • Live.comほとんどが米国企業ですね、当たり前ですけど。
    というくらい、どこの国でも、トップ3は、
    Google、Facebook、YouTube です。

動画のサービスがポピュラーになってきた証明ですね。

子供たちに人気のピコ太郎も、YouTube で世界での再生回数が1億万回を超えています。

凄いですね~

さて、話をもとに戻しましょう!

『あなたの動画を学ぶ目的は何ですか?』

ということでしたね。

動画は、いろいろな場面で使うことが出来ます。
1)動画でお金を稼ぎたいのであれば、

YouTube で再生回数が多くなって来れば、Adsense で稼ぐことが可能です。でも、再生回数が1万回未満だとお金にならなくなるそうです。

或いは、YouTube で商品やサービスを紹介して、アフィリエイトして稼ぐことも可能でしょう。

次に、2)動画を集客に使うには

動画で広告を作って、YouTube、Facebook、Twitter、Instagram にアップすることで可能になります。世界では知られていないですけど、日本にはGyaoもありましたね。

広告でなくても、動画で再生回数を集められれば、商品やサービスの紹介をすることでも集客効果はありえます。

ネットショップでは、YouTube に動画をアップして、そこからWebサイトに誘導して稼いでいる人もいます。

それから、Webサイトに動画をアップすることで、そのWebサイトが検索されやすくなりますから、集客効果がありますね。

3)商品やサービスのアピールにも、

動画をWebサイトに導入する、

YouTubeに動画をアップして誘導する、

或いは、動画広告でアピールする 方法がありえます。

商品やサービスを知ってもらいたい場合には、動画を導入すると、集客だけでなく、文字や写真だけでなく、より良く商品・サービスを知ってもらうことで、販売促進につながります。

4)もちろん、趣味の領域でも、動画で記録に残せれば楽しいですね。

というように、動画は、いろいろなところで役に立つのです。

確かに、動画広告の市場も、5年前に比べて、5倍に伸びてきています。

それには、3つの理由があります。

  • 動画の視聴が、テレビからネットにシフトしていること
  • YouTube などの動画視聴サービスが普及したこと
  • スマホ利用が拡大したこと

それに、動画は、テキストに比べて、情報量も圧倒的に多いですし、脳科学的にも、視聴者の印象に訴えて、記憶にも残りやすいですね。

現在、Amazonなどの米国のサービスでは、商品紹介に動画が導入されています。

日本では、Amazonが提供する商品しか動画は見れませんが、いずれは、Amazon以外の出品者も動画を使えるときが来ると思います。

米国の流行っているサービスが日本に上陸して流行るのに、3年ほど遅れます。

インターネットしかり、SNSしかり、iPhoneしかりと歴史が証明していますネ。

ということは、現在、米国では動画が大流行りなので、動画をしっかりと学んでいくと3年後には、日本で今よりも動画が流行っていくことになりますので、様々な場面で役に立ちますね。

今回は、動画を学ぶ目的を明確にしていく為に、いくつかピックアップして考えてみました。

このように、本サイトでは動画を学ぶためには、最初に何をしたらよいかとか、動画のテクニックとかを記事にしていきますので、楽しみにして下さいね。

 

 

 

 

生命保険の選び方
クレジットカードの即日発行じゃけん
JALカード